フリード 値引き 限界

フリードの値引きの限界は「30万円」ほどで、特殊なケースかもしれませんが中には「40万円」近い値引きを引き出して購入できたという事例もあります。

ハイブリッドとガソリン車では値引きの限界はあまり違いがない様子です。

フリードの値引き相場

フリードの限界の値引きではなく、相場の値引き額は「25万円」ほどです。
ライバルのシエンタの値引き相場は「25万円」ほどなので、目標の値引き額は同等と考えてよさそうです。

でも、実は下記で紹介するサービスを使うと、値引き交渉だけをがんばるよりはるかに簡単にフリードの購入総額を安くすることができます。

フリードの値引き交渉のコツは後述しますが、まずは値引き交渉での苦労をせずに、フリードを「100万円」以上安く購入できる可能性がある方法を紹介します。

フリード購入時の下取り車に注目

理由は後述しますが、ディーラーよりも買取専門店の方が下取り車を高額で査定してくれます。

例えば、こちらの「かんたん車査定ガイド」での買取業者の査定額の実例を見ると、ディーラーの査定額よりも「100万円」以上高く査定が付いた例がいくつか紹介されています。

>>かんたん車査定ガイド

ディーラーで下取りする場合、特に「他メーカー」「7年以上乗った」「外車」などの車は査定が安くなりやすいです。

ディーラーで下取りする場合、主に自社の中古車店舗での再販時の販売価格が査定額の目安になってきますが、買取業者ではオークションに出したり、次のユーザーに直販するなど、様々な販売ルートを持っているので、より高い査定額で買い取りしても損をしないことが多いです。

実は、セールスマンにとっても買取業者の査定がディーラーより高額になるのは常識で、中には知り合いの買取業者をセールスマンからお客さんに紹介して、査定が高く付いた差額から紹介料をもらって、副収入にしているなんてことがしょっちゅうあるくらいです。

買取業者で高額査定を引き出すコツ

ディーラーに下取り車を売却するよりも買取業者を利用する方が有利なことはわかっていただけたと思います。

でも、買取業者ならどこでもディーラーよりも高額査定になるとは限りません。

買取業者の中にも、買取が得意な車種、不得意な車種があり、自分が手放せるタイミングによって高く売れる業者が変わることもあります。なので、複数の買取業者の査定額を比較しないと、本当に一番車が高く売れる業者がどこなのかはわかりません。

また、あまり言いたくないですが、自動車業界にはいいかげんな業者も多いので、どの買取業者で査定をするかの選定も大事です。

一括無料査定で優良買取業者同士を比較する

そこで、事前に選定された複数の優良買取業者にまとめて査定依頼ができるネットにある「一括無料査定サービス」の利用が一番おすすめです。

1件ずつ優良業者を探す手間も時間もかからず、一番車が高く査定できる業者をすぐに見つけることができるからですす。

また、このようなサービスを使う際は、業者にとっては最初から他社と競合することがわかっているので、いきなり通常よりも良い査定額を提示してくるようになるはずです。

以下に査定依頼できる業者の数が多くて、情報の入力が簡単にできるサービスをまとめました。

フリードを安く購入するために、買取業者を有効活用してみてください。

1位 かんたん車査定ガイド

公式サイトはこちら

45秒でかんたんに情報の入力が完了
・概算の査定額をすぐに画面で確認
・サービスを運営するのは東証一部上場企業「エイチーム」
・提携の車買取査定会社は「JADRI(日本自動車流通研究会)」に加盟してる優良企業

公式サイトはこちら

2位 ズバット車買取比較

公式サイトはこちら

全国の150社から厳選された最大10社に査定依頼
・サービス利用時の不明点はカスタマーセンターに相談可能
・過去の利用者数の実績が100万人以上

公式サイトはこちら

3位 カーセンサー.net簡単ネット査定

公式サイトはこちら

・「リクルート」が運営するサービス
公式サイトに「車買取・車査定完全ガイド」「車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54 」など、事前に知りたい情報が掲載

公式サイトはこちら

フリードの値引き額の限界と目標は値引き交渉するディーラーで違う

フリードの値引きをまとめると、

・値引き額目標:25万円
・値引き額限界:40万円

となりますが、これはどこのホンダディーラーでも共通というわけではありません。

上記のような値引き額をどこのディーラーでもできるわけではなく、「値引きの多いホンダディーラー」「値引きの少ないホンダディーラー」という具合に違いがあります。

ホンダディーラーは「ホンダカーズ○○」という名前ですが、例えば最後の○○の部分が「ホンダカーズ東京」と「ホンダカーズ東京中央」のように変わると、それぞれ資本違いの運営会社の異なるホンダディーラーということになります。

このような資本違いの2社は同じホンダ車を販売するディーラーですが、会社そのものが違うので、同じフリードに対して設定している「値引きの限界・相場」にも違いがあります。

例えば、ホンダカーズ○○ではフリードの値引きの限界は「20万円」だけど、ホンダカーズ△△では「30万円」が値引きの限界ということが起こります。

なので、フリードの値引きの限界が「20万円」のホンダカーズとの値引き交渉にどれだけ時間をかけても「20万円」以上の値引きが出ることはありませんが、別の資本のホンダカーズで値引き交渉すると、あっさりとそれ以上の値引きをしてもらえるなんてことがあります。

フリードの値引きは複数のホンダカーズで比較

最初からどこのホンダカーズが値引きをしてくれるかわかっていればいいのですが、そうでない場合は、資本の違うホンダカーズでフリード同士の値引きを競わせるようにしましょう。

そもそも値引きができないホンダカーズとだけ値引き交渉しても、非常にもったいないので、面倒でも2社以上のホンダカーズでフリードの値引き交渉をするのがおすすめです。

値引き交渉については、1社のホンダカーズとだけ交渉することを避けるだけで、最低でも相場のフリードの値引き額はクリアできるはずです。

そこからさらに値引きを引き出すのが大変になってきます。
ここからはどれだけ粘り強く値引き交渉できるかにかかってきます。

 

© 2017 フリード 値引き rss